婦人

目の状態を整える効果があるブルーベリーはサプリで摂取するのが良い

辛い症状を治すには

うつ伏せになる女性

大豆イソフラボンを

エクオールという成分が女性の更年期障害を改善する作用を持っていることがわかり、現在非常に注目されています。女性の更年期障害が女性ホルモンの減少によって起こることは知られています。より詳しい人であれば、大豆に含まれるイソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きを持っているので、大豆を食べることで更年期障害対策ができることも知っています。しかしながら、最近の研究でイソフラボンのこうした作用をもたらしている源がエクオールにあることが判明しました。大豆イソフラボンにはダイゼイン、グリシテイン、ゲニステインがありますが、この中で最も効果があるのはダイゼインです。エクオールはこのダイゼインが変質したものです。

確実な効果

大豆を食べてダイゼインのまま摂取するよりも、エクオールを摂取した方が更年期障害の改善に効果があります。ダイゼインを摂取してもエクオールに代謝させる腸内細菌を日本人はあまり持っていないのです。そのため、大豆を食べても体内でエクオールに変質せずに十分な効果を発揮しない人がいます。したがって、直接エクオールを摂取することの方が、その分だけ確実性が増します。したがって、更年期障害で悩んでいる中高年女性はエクオールのサプリメントを摂取することをおすすめします。しかも、副作用は一切伴いません。普段の食事の見直しをすることも重要です。更年期になると骨が女性ホルモンが少なくなって脆くなりがちです。カルシウムもきちんと取り入れましょう。